YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 渦のダイナミクスを理解して,乱流・乱流燃焼を制御する

渦のダイナミクスを理解して,乱流・乱流燃焼を制御する

目的

私たちは創造的で基礎的な研究を試みています。

概要

乱流は,時間的・空間的に変動する複雑な流れ現象です。例えば,自動車や航空機のボディ外部の空気流れ,それらのエンジン内部の燃焼ガス流れも,ほとんどが乱流です。しかし乱流問題は,その難解さゆえに,1世紀以上もの間,未解決のまま残され,現在も流体力学や燃焼学の最重要課題の一つとなっています。
私たちは,乱流・乱流燃焼をうまく予測したり,うまく制御したりする新しい理論や新しい技術を生み出すためには,まず乱流・乱流燃焼の基本構成要素である渦のダイナミクスをよく理解することが重要ではないかと考えています。
そのような考えに基づいて,私たちの研究室では,乱流の基礎過程である渦の相互作用や,乱流燃焼の基礎過程である渦と火炎の相互作用などを研究テーマとして取り上げ,それらの中に現れる渦のダイナミクスをコンピュータで解析したり,ときには手計算で解析したりしながら,乱流問題解決の突破口となりうる研究成果の創出を目指しています。

関連サイト

山形大学篠田研究室

代表者、担当組織

篠田 昌久

担当学部

工学部

連絡先

shinoda@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ