YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 地域教育⽂化学部と⼭形地⽅気象台が連携協定を締結しました。

地域教育⽂化学部と⼭形地⽅気象台が連携協定を締結しました。

目的

防災に関する研究協⼒を通した教育・研究の成果を、県内をはじめとした学校防災、地域防災に役立てます!

概要

山形大学地域教育文化学部では、特に児童教育コースにおいて「教員になるための学校防災」を2015年度から開講し、2019年度の教育職員免許法の改正により教職課程における学校安全への対応が必須化される前から、先行して防災教育の必修化を行ってきました。
今後は、より幅広くまた双方向的な連携協力を目指して、気象台職員研修や同台による地域防災、学校防災の取り組みに山形大学の教員や学生が参画する教育機会の拡充を計画しています。また、お互いの防災に関する知識や知見を活かして研究協力も推進し、その成果は山形県内を始めとして学校防災、地域防災への貢献が期待されます。

代表者、担当組織

村山良之

担当学部

地域教育文化学部

連絡先

murayama@e.yamagata-u.ac.jp

関係者、共同実施者

山形地方気象台:次長 栗田邦明

一覧へ