YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 走行する電気自動車への無線電力伝送

走行する電気自動車への無線電力伝送

目的

どのような研究内容でも積極的に産学連携に取り組みます。低温・超伝導物性、マイクロ波デバイス設計、精密計測が私の強みです。

概要

本研究は走行する電気自動車への遠隔充電を目指した無線電力伝送に関する基盤研究です(図1)。給電対象へ高効率に大電力を伝送するために、マイクロ波放射型無線電力伝送方式に着目し、その方式の中で最も重要な送信デバイスに関する研究を行っています。図2は送信用アンテナの電磁界解析結果の一例で、電力の放射特性等から伝送効率を見積もることができます。図3は、超伝導バルク共振器アンテナの試作素子写真であり、シミュレーションのみならず実験検証も重要視しています。今後も日本経済を支える自動車産業の次世代技術となるように取り組んでいます。
本研究室では、超伝導エレクトロニクスと電磁界解析を駆使して次世代に役立つデバイスとシステムを提案・開発しています。特に、量子コンピュータ用デバイス、NMR用デバイス、テラヘルツ検出器、また、常温超伝導にも興味があります。

関連サイト

山形大学齊藤敦研究室

代表者、担当組織

齊藤 敦

担当学部

工学部

連絡先

atsu@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ