YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > ヤマガタステム(STEM)アカデミー

ヤマガタステム(STEM)アカデミー

目的

将来の科学技術イノベーションを牽引する傑出した人材の育成に向けて、科学的思考力や論理的思考力、情報活用能力など児童生徒の能力を伸長する体系的育成プランの開発・実施を行い、人材育成法の開発を行う。
教育方法の取り組みや成果を山形県内の小中高校教員にフィードバックすることで、山形県全体の教育方法の向上・醸成に資することが期待できる。

概要

国立研究開発法人科学技術振興機構の次世代人材育成事業、令和2年度「ジュニアドクター育成塾」に採択されたこのプロジェクトは、山形大学理学部が中心となって5年間にわたり実施した「山形県サイエンスエリート養成プログラム(ヤマガタサイエンスアカデミー)」を基軸として、新たな教育手法で本学大学院理工学研究科、大学院教育実践研究科が中心となり実施するもので、小中学生から第1段階40名、第2段階10名を選抜し、SDGsの概念を学び、山形の地位や文化を活かし、科学技術により解決できる問題を意識させます。
将来自分たちが直面するローカルからグローバルな問題を知ることで、解決するための科学技術(STEM)が重要な役割を果たすことを認識し、より深い科学の探求を促し、科学技術と社会の関連性を学ぶ場を提供します。

資料

関連サイト

https://www.facebook.com/YamagataSTEMAcademie/

代表者、担当組織

栗山恭直

担当学部

理学部

連絡先

kuriyama@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

関係者、共同実施者

理学部、地域教育文化学部、工学部、農学部の教員

一覧へ