YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 山形大学医学部東日本重粒子センター

山形大学医学部東日本重粒子センター

目的

東北初の重粒子線治療センター

概要

重粒子線は従来の放射線治療と同様に照射中の痛みはありません。
身体への負担が少ない治療ですので通院治療が可能です。
総合病院接続型の施設であるため、既往症をもつ患者さんも安心して治療を受けられます。

関連サイト

山形大学医学部東日本重粒子センター

代表者、担当組織

山形大学医学部東日本重粒子センター 運営委員会委員長

担当学部

医学部

連絡先

heavy-ion@mws.id.yamagata-u.ac.jp

一覧へ