YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > π電子系高分子の配列制御と有機デバイスへの応用

π電子系高分子の配列制御と有機デバイスへの応用

目的

有機合成化学を基盤とした新規材料開発が我々のグループの強みです。

概要

有機半導体となるπ電子系ポリマーは、一次構造を精密に設計することで様々な光・電気特性を発現させることが可能です。さらに、適切なπ電子系ポリマー集合体の構築は、分子の持つ特性(たとえば電気伝導性やキラリティ等)を高めるだけではなく、新しい特性の発現も可能にします。すなわち、材料開発において分子集合体の構築と形態制御はもっとも重要な課題のひとつです。

我々は、有機合成による分子修飾や、ゲスト分子の添加によってπ電子形ポリマーの物性およびポリマー間にはたらくさまざまな相互作用(π−π相互作用、水素結合、電荷移動相互作用、ファンデルワールス相互作用など)を制御し、 π電子形ポリマー集合体の自在構築を目指しています。得られる集合体は、高効率の光電変換材料、強誘電性材料、非線形光学材料などへの応用が期待されます。

関連サイト

山形大学 大学院 有機材料システム研究科 岡田・山門研究室

代表者、担当組織

山門 陵平

担当学部

工学部

連絡先

yamakado@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ