YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 高分子成形加工による構造制御と高機能化

高分子成形加工による構造制御と高機能化

目的

近年、生分解性樹脂・バイオポリマーが注目されていますが、このような脆性的な材料を強化・高機能化することで幅広い用途に適用可能な新規材料の創製に取り組みたいと考えています。

概要

高分子材料の成形加工技術は、分子配向、結晶、相分離構造、界面相互作用などの様々なスケールにおける形態を制御することが可能です。また、ポリマーアロイ、射出成形、フィルム化(薄膜化)および繊維化することによって、高強度、耐衝撃性、透明性、耐薬品性といった成分分子には無い新たな機能の付与や強化を行うことが出来ます。特に、ポリマーアロイでは、スクリュー形状の設計
や混練条件の最適化による溶融混練時のせん断・伸長流動の制御や、反応性触媒を用いた分子結合手法の適用による界面物性の制御によって、新規機能の発現が可能です。
我々は、成形加工による新規材料の作製のほか、透過型電子顕微鏡などを用いたナノ・マイクロスケールの形態観察によって物性発現メカニズムの解明に取り組んでいます。

関連サイト

山形大学大学院有機材料システム研究科 高分子精密加工研究室(伊藤・石神研究室)

代表者、担当組織

石神 明

担当学部

工学部

連絡先

akira.Ishigami@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ