YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 非晶質有機膜の構造分析・制御と光電子デバイス応用

非晶質有機膜の構造分析・制御と光電子デバイス応用

目的

当研究室で開発された分析手法や、分光エリプソメトリーによる解析のノウハウなど、非晶質有機薄膜の構造分析に関する多くの独自技術と知見を保有しています。

概要

非晶質有機薄膜は、その優れた均一性・透明性・表面平滑性などの利点から、有機ELに代表される有機光デバイスに広く用いられています。しかしながら、非晶質材料に特有の構造の複雑さ故に、その膜中の分子の高次構造やその形成機構は未だ十分には明らかとなっていません。非晶質有機材料を用いた今後のさらなるデバイス応用の発展のためには、その詳細を明らかとし、膜構造と物性を制御する技術を確立していくことが必要となります。
我々は、各種光学実験・解析(図左上)や量子化学計算などによって非晶質有機薄膜中の分子の高次構造分析を行っており、非晶質有機薄膜に特徴的な分子配向性を制御することで有機ELデバイスの特性を向上できることを実証してきました(図右上)。また、非晶質有機材料の屈折率制御にも取り組み(図下)、現在その制御幅の拡張とデバイス特性の向上を目指した研究も進めています。

関連サイト

山形大学大学院有機材料システム研究科 横山大輔研究室

代表者、担当組織

横山 大輔

担当学部

工学部

連絡先

d_yokoyama@yz.Yamagata-u.ac.jp

一覧へ