YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 精密合成 + 生体ハイブリッド

精密合成 + 生体ハイブリッド

目的

多糖類の研究にも取り組んでいます。無尽蔵、生分解、この2点だけでも、多糖類の活用を進めるべきです。合成化学をベースとして高付加価値で安全な材料を提供することを目指しています。

概要

高分子合成分野における基礎研究として、環拡大ビニル重合の開発を進めています。
生体機能性と光機能性を示す化合物の合成を行っています。物理化学的特性や生物学的機能を明らかにするとともに、低侵襲性のがんの治療法としてその究極といえる光線力学療法 (PDT) で活用することが目的です。

関連サイト

山形大学 鳴海研究室

代表者、担当組織

鳴海 敦

担当学部

工学部

連絡先

narumi@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ