YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 生体機能計測・制御を目指した電気化学バイオデバイスの開発

生体機能計測・制御を目指した電気化学バイオデバイスの開発

目的

センサの様々な応用(現在は医療と農業)を目指し産学連携で研究開発しています。

概要

化学センサの小型化・ウエアラブル化技術の発展により、健康長寿に貢献し得るパーソナルヘルスケアの実現が現実味を帯びつつあります。当研究室では、印刷可能で高感度という有機トランジスタ型センサの特徴を活かしつつ、さらに検出部に酵素や抗体など、生体内での高選択的化学反応に関与する受容体を用いたバイオセンサを開発しています。身体的負担が大きい採血を行わず、血液成分との相関が示唆され、かつ非侵襲的に採取可能な汗や唾液等の外分泌成分を指標に、病気やストレス等の生体内情報をモニタリング可能なセンサの実現を目指しています。
また、体液だけでなく、ヒトや微生物など生体そのもの、あるいは生体を構成する細胞をターゲットとしたバイオデバイスも開発しています。生体機能の解明、及びその機能の制御を目的とした電気化学デバイスにより、生体機能の基礎研究から、更にはその機能を調べ、制御する医療デバイス等への応用を目指しています。

関連サイト

長峯研究室

代表者、担当組織

長峯 邦明

担当学部

工学部

連絡先

nagamine@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ