YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 高分子材料をモデリングする

高分子材料をモデリングする

目的

-分野にこだわらず興味を持ちます。
-新しい発見や自分で考えたことに重きを置きます。
-斬新な発想をします。

概要

ここでのモデルとは、ものごとを正確に理解するための仕組み・概念・物などのことを言います。モデリングとはモデルを作ることです。私はモデリングにより高分子材料を理解するための研究を進めています。高分子材料を理解するためにモデルを作ります。モデルを使って計算機シミュレーションを行います。
分子を原子の集まりとして考えるということもモデリングの1つで、その結果として分子シミュレーションのための全原子モデルが得られます。左上図に全原子モデルによる分子シミュレーションのスナップショットを記します。セルロースに水が接する様子を計算した結果です。
もう一つの例として、臼による粉砕のモデルを左下図に記します。我々は臼による澱粉やセルロースの構造制御に関する研究もしています。

関連サイト

http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/196_ja.html

代表者、担当組織

香田 智則

担当学部

工学部

連絡先

koda@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ