YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > ハイブリッド薄膜電解メッキと再生可能エネルギー

ハイブリッド薄膜電解メッキと再生可能エネルギー

目的

深刻化する環境・エネルギー問題を受けて、太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及拡大が望まれています。資源制約が少なく、低エネルギーで製造可能な有機太陽電池は、安価なだけでなく、軽量・フレキシブル・カラフル・シースルーなどの特徴から、設置場所や用途を選ばず、さらに将来的な大量供給に制約がないことも魅力です。

概要

我々は、水溶液からの化合物半導体薄膜の電解析出(電解めっき)において、機能性色素分子等を共存させることで、様々なナノ構造を持った無機/有機ハイブリッド薄膜が自己組織的に形成される現象を発見し、これを用いたエネルギー変換や貯蔵技術に関する研究開発を推進しています。
実験に用いる電解装置の開発に始まり、様々な新材料の探索と構造機能評価、それらが形成するメカニズムの解明、そして実用化に向けた産学連携開発研究など、テーマは多岐に渡ります。
太陽光発電や光触媒反応による創エネ技術以外にも、必然的にその生産が揺らぐ自然エネルギーを変換貯蔵する技術開発を目指しています。さらにはエレクトロクロミック保持型ディスプレイ、電気化学センサなどへの展開もテーマです。電気化学プロセスとデバイス応用全般に関する技術相談や共同研究に応じます。

関連サイト

吉田研究室

代表者、担当組織

吉田 司

担当学部

工学部

連絡先

yoshidat@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ