YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 遺伝子実験施設

遺伝子実験施設

目的

研究支援活動の一環として、トランスジェニックマウス受託作製業務(受託作成)を行っております。

概要

以下に挙げる研究の遂行・支援を目指しています。

遺伝情報の解読や遺伝子組換え実験を中心とした、遺伝子および遺伝子産物(タンパク質)に関する分子生物学的研究。
トランスジェニックマウスやノックアウトマウスなどの遺伝子改変動物の作製による、生体内での遺伝子機能解析の研究。
モデル動物を用いた、ヒトの病気のメカニズム解明や治療法開発につながる基礎的研究。

関連サイト

山形大学遺伝子実験施設

代表者、担当組織

遺伝子実験施設長

担当学部

医学部

連絡先

iden@mws.id.yamagata-u.ac.jp

一覧へ