YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > エリアキャンパスもがみ

エリアキャンパスもがみ

目的

地域の活性化と大学教育の充実をつなぎます。

概要

エリアキャンパスもがみでは、最上地域の人材育成と活性化及び山形大学の学生の課題探求能力の育成のため、以下の取組を行っております。

1.教育活動
(1)初年次教育「フィールドワーク-共生の森もがみ」の開講
(2)もがみ専門科目の開講
 「フィールドワーク-共生の森もがみ」を骨格として、学部の専門教育の授業と連携することにより、地域に根ざした実践的な課題探求能力育成を目指しています。

2.もがみ活性化事業
 (1)タウンミーティング
 (2)もがみ協力隊活動
 (3)山形大学見学旅行

関連サイト

山形大学 エリアキャンパスもがみ

代表者、担当組織

教育開発連携支援センター長

担当学部

基盤教育

連絡先

acmogami@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ