YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 山形大学高感度加速器質量分析センター

山形大学高感度加速器質量分析センター

目的

基礎科学分野から発展領域に至る分野横断的教育研究と先進的かつ独創性のある教育研究の推進を図ります。

概要

平成22年3月、上山市にある山形大学総合研究所に北海道・東北地区の大学で初となる高感度加速器質量分析装置(AMS)を導入し、翌23年2月に高感度加速器質量分析センターの運営を開始しました。
AMSを用いて、考古学、文化人類学、医学、薬学、農学、工学、環境科学、宇宙物理学など、基礎科学分野から発展領域に至る幅広い研究分野での横断的な教育研究活動の一層の活性化を進めています。

関連サイト

山形大学高感度加速器質量分析センター

代表者、担当組織

山形大学高感度加速器質量分析センター長

担当学部

理学部

連絡先

ams@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ