YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 年に一度、日本が抱える社会問題をテーマとした模擬裁判劇を行なっています。

年に一度、日本が抱える社会問題をテーマとした模擬裁判劇を行なっています。

目的

「裁き」を通して「社会問題」を考える

概要

模擬裁判実行委員会(通称:もぎさい)は、40年以上の歴史を誇る山形大学人文社会科学部の研究機関で、主に人文社会科学部の生徒が主体で活動し、年に一度、日本が抱える社会問題をテーマとした模擬裁判劇を行なっています。過去の裁判劇では、児童虐待やいじめ、冤罪、過労死などをテーマに公演を行いました。これらの社会問題を裁判劇として多くの市民の方々に公開することで、私たち学生の法律知識を高めると共に、市民の方々に法律や社会問題への理解・関心を深めてもらうきっかけを作ることを目的としています。また、私たちの活動はSDGsで掲げられている目標を達成する上でも重要な役割を持っているため、今後も継続した活動がよりよい社会の構築にもつながると考えています。

関連サイト

https://twitter.com/mogisai48

代表者、担当組織

穂波怜緯

担当学部

人文社会科学部

連絡先

h183159@st.yamagata-u.ac.jp

一覧へ