YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 深部岩石科学プロジェクト

深部岩石科学プロジェクト

目的

現在,日本では深部地質領域(地下深部に分布する岩体領域)を活用した事業や研究開発(高レベル放射性廃棄物の地層処分や天然ガス・石油の地下貯蔵など)が実施されており,「深部地質領域の活用と安全評価に関する研究」に対する産業界や政府官庁におけるニーズは高いものとなっています。
 これらの安全評価には,対象となる岩体領域の地質環境特性の長期的な将来予測が必要であり,それには精度の高い地質履歴の情報が不可欠です。本研究プロジェクトは,分野横断的に知見を集約し,精度の高い地質履歴の把握・将来予測のために必要な評価手法の構築・体系化を目指すものです。
 このプロジェクトでは,地質履歴というより大きなスケールの現象を把握するために,地下深部の岩石を対象とした先進的な微小領域分析を駆使し,スケールの異なる現象の理解をリンクさせ,高い精度で解明するための研究手法を確立することを目的とします。

概要

深部地質領域に広く分布する結晶質岩の形成プロセスの解明
結晶質岩内部の物質移動特性の解明,また物質移動特性の時間的空間的変化の解明

岩石中の物質移動

岩石中の物質移動経路となる鉱物中の数μmオーダーの微小孔

化学分析

電子顕微鏡での岩石中の物質移動経路の観察

代表者、担当組織

湯口 貴史

担当学部

理学部

連絡先

takashi_yuguchi@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ