YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 細胞膜の機能を探る

細胞膜の機能を探る

目的

細胞膜は細胞を守るための「鎧」としての機能だけではなく、様々な反応を制御する「司令塔」としての側面を持っています。本研究では、細胞膜が司令塔として作用する分子機構を探る研究をしています。

概要

細胞膜は脂質分子と呼ばれる両親媒性分子を主成分とした自己組織化膜になっています。自己組織化膜ですので、様々な分子間相互作用が協奏的に働いていますので、他の分子が細胞膜の上で作用するためには、この自己組織化構造にマッチした分子間相互作用を働かせる必要があります。その分子機構を理解することは、細胞膜が司令塔として様々な反応を制御する分子機構を理解するための知見を与えるとともに、細胞膜をターゲットとした生理活性物質の開発へもつながる重要な情報を与えます。

関連サイト

研究室ホームページ

代表者、担当組織

並河 英紀

担当学部

理学部

連絡先

nabika@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ