YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 量子機能材料の分子理論とその応用

量子機能材料の分子理論とその応用

目的

量子力学に基づく分子レベルの理論を応用・発展させて,有機・無機・高分子・生体分子等の物質科学の深い理解を目指しています.ミクロの構造とマクロの物性・機能を結びつける視座を提案しています.

概要

物質中では膨大な数の原子核と電子の運動が複雑に絡みあい,無秩序にすら見える多様な現象がうまれます.今日精力的に開発されている種々の理論(量子化学や量子動力学,統計力学,分光理論)は,物理学の視点で多様な現象に一貫した理解をもたらします.とりわけ電子波動関数と核波動関数が絡みあうことで発現する機能材料に着目し,科学技術用計算機やスパコンを使って複雑な機構の解明と新たな視座の創出に取り組んでいます.

関連サイト

安東研究室

代表者、担当組織

安東 秀峰

担当学部

理学部

連絡先

ando@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ