YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > オルガネラコンタクトサイトの謎を解明する

オルガネラコンタクトサイトの謎を解明する

目的

細胞の中に発達したオルガネラと呼ばれる膜構造は,これまでその機能的独自性から空間的にも独立して存在すると考えられてきました。しかし最近の研究により,オルガネラ同士が結合し,物質をやり取りしながら機能する可能性が指摘され始めました。私たちは未だ謎の多いオルガネラコンタクトサイトの謎を解明するべく,日々研究に取り組んでいます。

概要

私たちの体を構成する細胞の中には,オルガネラと呼ばれる脂質の膜で囲まれた細胞小器官が発達しています。オルガネラは膜内に特定の酵素群を隔離,濃縮することで独自の機能を効率よく安定的に発揮するので,互いに混ざり合わないように,独立して存在するとこれまで考えられてきました。ところが最近の研究により,異なるオルガネラ同士が直接結合して,物質を交換しながら機能する事がわかってきました。私たちは,スプリットGFPと呼ばれる分断された蛍光タンパク質を利用することで,複数の異種オルガネラ間のコンタクトサイトを,生きた細胞内で可視化することに世界で初めて成功しました。現在この独自の実験手法を駆使することで,オルガネラ間を直接結合する因子の探索や,オルガネラ間相互作用の生理的意義(役割)の解明を目指して研究しています。将来的にはオルガネラ間の相互作用異常との関連が報告されている神経変性疾患の病態解明や,治療法確立への応用を目指しています。

ミトコンドリアー小胞体コンタクトサイトをスプリットGFPによって可視化した出芽酵母細胞の蛍光顕微鏡画像

ミトコンドリアー小胞体コンタクトサイトをスプリットGFPによって可視化したHeLa細胞の蛍光顕微鏡画像

関連サイト

研究室ホームページ

プレスリリース記事

代表者、担当組織

田村 康

担当学部

理学部

連絡先

tamura@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ