YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > さくらサイエンスプラン

さくらサイエンスプラン

目的

「さくらサイエンスプラン─日本・アジア青少年サイエンス交流事業」は、科学技術振興機構(JST)からの補助を受け、アジアの優秀な青少年に日本の先端的な科学技術に触れる機会を提供するプログラムです。このプラグラムを通じ、学術交流協定を締結しているガジャマダ大学生物学部(インドネシア共和国中部ジャワ州ジョグジャカルタ市)と、生物多様性の理解と解明を主な題材とした交流を進めています。

概要

2019年度には「DNAバーコーディングで明らかにするアジアの生物多様性」というテーマでZuliyati Rohmah先生(専門:動物形態学・動物発生学)と10名の学生を招聘し、アジアにおける植物と昆虫の多様性に関する講義と、植物と昆虫を用いた実習(DNA抽出~配列決定、DNAバーコーディング)を実施しました。

DNA塩基配列の分析

DNA塩基配列の分析

講義風景

講義風景

関連サイト

さくらサイエンスプラン(JST)

代表者、担当組織

横山 潤、藤山直之、宮沢 豊

担当学部

理学部

連絡先

jyokoyam@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ