YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > データ駆動科学

データ駆動科学

目的

目的は,極少数のサンプル済みデータに立脚し,次にチャレンジすべき有望な設計条件を明らかにすることです.

概要

本プロジェクトでは,データ取得が難しく,サンプル済みデータは極少数しかない,一方,設計者である人間が決定すべき変数が多い,このような問題の解決を目指します.少数のデータに立脚し,次にチャレンジすべき有望な設計条件を明らかにします.
花咲か爺さん の犬を計算機内でやってしまうイメージです.「ここ掘れワンワン」と言われた場所を掘ると大判小判がざっくざく,です.「ここ掘れワンワン」は1回だけではありません.逐次,有望設計点をサンプル済みデータに追加しながら,効率的に探査を進めます.
少数しかないサンプル済みデータの最優秀値の近傍に有望設計点があるか,はたまた未探査領域に有望設計点があるか,これらの概念を数値化して,次の有望設計点をあぶり出します.

代表者、担当組織

瀬尾和哉

担当学部

理学部

連絡先

seo@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

一覧へ