YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 女性学長連続シンポジウム:女性学長はどうすれば増えるか?

女性学長連続シンポジウム:女性学長はどうすれば増えるか?

目的

本シンポジウムは、科研費(JSPS:19K21738)による共同研究の結果の概要を報告するとともに、実際の女性学長らの講演とディスカッションをふまえて、日本の大学におけるダイバーシティーとそれを支えるリーダーシップやその育成を議論し、社会に発信することを目的としています。
二日間の国内シンポジウムと国際シンポジウムを開催します。国際シンポジウムでは、海外の大学の女性リーダーシップ育成の現状をうかがい、日本の大学の将来を展望します。

概要

プログラム(いずれもオンライン)(11/1~申込開始予定)
●11月27日(土):女性学長のキャリア形成と展望Ⅰ
(1)開会挨拶                    河野銀子(山形大学)
(2)研究報告「女性学長のリーダーシップとキャリア」 黄梅英(尚絅学院大学)   
(3)学長講演(各20分)              
   髙橋裕子・津田塾大学学長
   田中優子・前法政大学総長
   富田敬子・常磐大学学長
(4)パネル・ディスカッション「女性大学リーダー育成に何が必要か」 
              ファシリテーター 米澤彰純(東北大学)
(5)閉会挨拶             佐々木啓子(電気通信大学)

●11月28日(日):女性学長のキャリア形成と展望Ⅱ
(1)開会挨拶                 河野銀子(山形大学) 
(2)研究報告「日本の男女学長のキャリアパス」 佐々木啓子(電気通信大学)
(3)学長講演(各20分)                 
   島袋香子・北里大学学長
   林佳世子・東京外国語大学学長
   小林良江・群馬県立女子大学学長
   日比谷潤子・前国際基督教大学学長 
(4)パネル・ディスカッション「日本の大学構造と女性学長のキャリア形成」 
     ファシリテーター: 髙橋裕子(津田塾大学)
(5)閉会                     黄梅英(尚絅学院大学)

※12月(予定)
International Symposium on Fostering University Leaders
・USA
・CHINA
・UK

主催:女性学長研究会 (JSPS:19K21738)
共催:津田塾大学ダイバーシティセンター・フォー・インクルーシブリーダーシップ( DCfIL )

代表者、担当組織

Kawano Ginko

担当学部

地域教育文化学部

連絡先

ep252@kdw.kj.yamagata-u.ac.jp

このプロジェクトを支援

山形大学基金(学部等への支援)
※「学部等名」にプロジェクト名を入力願います。

一覧へ