YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 地域の戦争資料から考える未来

地域の戦争資料から考える未来

目的

あなたは本当に戦争を知っていますか?平和を持続するには不断の努力と過去の検証が重要。平和を考えるための地域アーカイブズの構築を目的とする。

概要

戦争の記憶は失われ、戦争をヴァーチャルでのみ知っている世代が大多数になった。そのなかで、映像で残されている、戦地、戦場の記憶が重要視され、戦地にならなかった地域の日常はわからなくなっている。それらを解明するために、資料を収集し、平和のを考えるための資料郡、アーカイブズの構築を目的にする。

関連サイト

https://wararchive.yahoo.co.jp/warmuseum/noubunken/

代表者、担当組織

阿部 宇洋

担当学部

基盤教育

連絡先

taka.abe@cc.yamagata-u.ac.jp

一覧へ