YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 結晶性ゲルの創成と応用

結晶性ゲルの創成と応用

目的

機能性高分子ゲルの創成が本研究室の強みです。研究室見学を随時受け付けていますので、ご興味のある方、どうぞお気軽にご連絡ください。

概要

私たちの研究室では、高分子ゲル、特に結晶性ゲルの合成、微粒子・ファイバー・薄膜・不織布化、および3D造形に関する研究に取組んでいます。
側鎖の構造を制御することによって、親水や撥水性、感温性、刺激修復性、潜熱蓄熱/放熱等の機能を結晶性ゲルに付与することができます。これらの機能性ゲルの形状を微粒子やフィルム、繊維、不織布など多種に変える技術の開拓も行っています。
肌に優しい収縮膜、孔径・通気性制御可能な感温性微細孔フィルム、果物や野菜の鮮度保持、バイオフィルタなどへの応用を検討しています。

関連サイト

宮研究室

代表者、担当組織

宮 瑾

担当学部

工学部

連絡先

jingong@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ