YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 既存木質構造物の耐震性能評価と動的解析モデルの開発

既存木質構造物の耐震性能評価と動的解析モデルの開発

目的

・産学連携に積極的に取り組み、既存木質構造物の耐震性能の向上に貢献します。
・地域の実情に応じた研究活動を行います。

概要

日本は大きな地震が頻発する地震大国です。そのため、地震により失われる人命を減らすためにも、日本に多数存在する木質構造建築物の耐震性能を評価することは重要と言えます。
この耐震性能を評価するためには、実験が不可欠です。わたしはこれまで、木質構造物の振動実験や静的実験を行い、その耐震性能を評価してきました。特に振動実験では、特性が異なる様々な地震動を入力し、地震動の特性と被害の関係を検証しました。また、この実験結果をもとに、地震時の挙動を再現できる解析モデルを開発しました。現在は、耐震性能が低いものから高いものまで存在する既存の木質構造物群をモデル化した、建物群モデルの開発に取り組んでいます。建物群モデルができれば、地震が発生した直後に生じた被害を推定する地震被害推定や、将来発生する地震による被害を予測する地震被害予測を、正確に行うことができます。

関連サイト

山形大学 工学部 建築・デザイン学科 汐満研究室

代表者、担当組織

汐満 将史

担当学部

工学部

連絡先

shiomitsu@yz.yamagata-u.ac.jp

一覧へ