YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 歴史的建造物の保存と活用

歴史的建造物の保存と活用

目的

地域の歴史・文化を活かした町づくりを行います

概要

日本建築について、様々な角度から調査・研究しています。
主な実績には以下のようなものがあります。

■実測調査:慈恩寺総合調査(国史跡)、秋田県横手市増田調査(重要伝統的建造物群)、宮城県近代和風建築調査など
■古文書調査:岩城家文書調査(富山県)など
■歴史的建造物の復原・修景:富山県滑川市の町屋、山王坊遺跡復原(国史跡・五所川原市)など
■歴史的建造物群の調査:宮城県村田町村田(重要伝統的建造物群)、秋田県横手市増田(重要伝統的建造物群)、富山県滑川市(市指定文化財、国登録有形文化財)など
■被災建造物の調査・復旧:東日本大震災被災文化財建造物復旧支援事業(文化財ドクター派遣事業・文化庁)、金成ハリストス正教会聖堂(栗原市指定文化財)、旧有備館及び庭園(国史跡及び名勝)、旧くりはら田園鉄道若柳駅(栗原市文化財)など
■文化財指定、登録など:宮城県村田町村田(重要伝統的建造物群)、旧柏倉家住宅(国重文)、金成ハリストス正教会聖堂(栗原市指定)、旧くりはら田園鉄道若柳駅(栗原市指定)、斎理屋敷(国登録)、青根御殿(国登録)、旧宮崎酒造(国登録)など

代表者、担当組織

永井 康雄

担当学部

工学部

連絡先

y-nagai@e.yamagata-u.ac.jp

一覧へ