YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 作物の食味を決める遺伝子の特定と育種利用

作物の食味を決める遺伝子の特定と育種利用

目的

作物のおいしさが、いかにして守り育まれてきたかを、遺伝子を道具として利用し解明することで「陸の豊かさを守り、飢餓をゼロに」貢献するとともに、おいしさの科学的証明によって地域に「住み続けられるまちづくり」に貢献します。

概要

日本で唯一のユネスコ食文化創造都市の地域特性を生かし、個性豊かな地域社会「鶴岡」の持続的な発展形成を最終目標に掲げ、私は地元に豊富に存在する作物に着目した研究を行っています。その中で、地域で守り育まれてきた作物の「おいしさ」に興味を持ち、その「おいしさ」が作られるメカニズムについて、遺伝子レベルの解析をしています。

代表者、担当組織

星野 友紀

担当学部

農学部

連絡先

thoshino@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp

一覧へ