YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 生物多様性が農業にもたらす恵みを知る

生物多様性が農業にもたらす恵みを知る

目的

消えゆく身近な生き物たちを保全して本来の農地の機能を取り戻したい

概要

作物栽培のためだけでなく、多様な生物の住処でもあります。それらの生物は作物栽培においても多様な機能を果たしています。これらの関係性が良好に保たれているのが本来の農地だと考えます。
関係性が損なわれると、生物たちの重要性は顧みられなくなり、その多様性の損失は加速していきます。我々は生き物たちにもっと頼りたいものです。
日本国内外の有機農家さんと積極的に交流し、消え行く(かつては)身近だった生物の機能を検証し、農業への有効利用法について研究することで、これらの生物を改めて身近な存在になるような保全につなげていきます。

代表者、担当組織

佐藤 智

担当学部

農学部

連絡先

satorus@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp

一覧へ