YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 微生物を利用した資源・エネルギー循環技術の開発

微生物を利用した資源・エネルギー循環技術の開発

目的

微生物を利用した資源・エネルギー技術は、持続可能な社会を実現するための基盤技術の一つである。資源・エネルギーの循環、環境保全、環境浄化などによりSDGsに貢献します。

概要

地球環境への負荷の小さい持続的発展が可能な社会を構築するためには、資源・エネルギーを循環的に利用する技術が必要不可欠です。我々は、微生物を利用した廃棄物の再資源化、メタン発酵や微生物燃料電池(MFC)による廃棄物からの再生可能エネルギーの生産、鉱山廃水や産業廃水からの有害重金属の除去や有価金属の回収、薬剤を使用しない土壌消毒法、各種環境の保全ならびに浄化法等に関する研究・技術開発に取り組んでいます。

代表者、担当組織

加来 伸夫

担当学部

農学部

連絡先

nkaku@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp

一覧へ