YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 微生物から新規生理活性物質の探索

微生物から新規生理活性物質の探索

目的

様々な環境に生息する微生物を探索し、それらが生産する新しい生理活性物質を利用して、SDGsへ貢献します。

概要

微生物の生産する二次代謝産物には、新しい生理活性を有するユニークな構造をした物質があります。このような物質の化学構造と生理活性を利用し、生命現象や自然現象を理解する研究分野にケミカルバイオロジーがあります。また、ケミカルバイオロジー研究を発展させることで、新しい医薬品や農薬の開発についての理解が深まることが期待されています。そこで、私たちは、色々な環境に生息する微生物に着目し、発酵技術を利用し、微生物から新しい生理活性物質を探しています。

代表者、担当組織

塩野義人

担当学部

農学部

連絡先

yshiono@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp

一覧へ