YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > あけびの生殖生理と安定生産に関する研究

あけびの生殖生理と安定生産に関する研究

目的

特産果樹の安定生産に関する研究を通じて、「飢餓をゼロに」に貢献します。

概要

あけびは全国生産量こそ少ないものの、山形県がそのうちの9割を占める特産果樹の1つです。特産果樹の安定生産に向けた栽培技術の確立は、食料生産のみならず、文化の多様性を維持するためにも重要な課題です。
本研究ではあけびの省力的な安定生産をめざして、あけびの生殖生理の研究と人工受粉方法の確立を試みています。

代表者、担当組織

松本大生

担当学部

農学部

連絡先

daiki@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp

一覧へ