YU-SDGsプロジェクト

プロジェクト検索

ホーム > YU-SDGsプロジェクト検索 > 中国における契約農業のあり方に関する研究

中国における契約農業のあり方に関する研究

目的

契約農業の在り方に関する研究は、食料の安定供給できる仕組みの構築や、高い安全性と優れた品質を確保することにつながることで、SDGsに貢献します。

概要

中国において、特に畜産分野はインテグレーションによって大きく成長した一方、食品安全事故の多発や、生産農家の従属化、契約内容をめぐる処理加工企業と生産農家とのコンフリクトも大きな社会問題として注目されています。中国における畜産業の適正取引の推進と消費者の信頼確保に向けたサプライチェーンの構築するための研究をしています。

代表者、担当組織

陳奥飛

担当学部

農学部

連絡先

chenaofie1992@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp

一覧へ